四十歳で結婚も良し

いろいろあって39歳で結婚しました。
諦めたことも多いけど、面白い人生です。

下垂体腫瘍 治療方針

娘の治療方針について。


当初、私の考えは
「放射線療法をしたほうが(少なくとも専門医に話を聞き検討する)、彼女がその先楽に生きていける可能性が高いはず。だから前向きに検討したい。」
でした。


主人は積極的治療はリスクがあるので個人的には反対だ、と言いました。
私は多少のリスクは取るべきだと考えました。
動物病院の先生は、部位的に放射線のリスクは少なく、腫瘍が小さくなる可能性が大きいがあとは飼い主さんのご判断です、と話してくださいました。


主人は、私が放射線治療をやりたいならそうしなさい、と言いつつ、
僕の考えはね・・・と話しました。数日前のことです。


「命には必ず終わりがあるんだよ。
ぼくは、
脳腫瘍(下垂体腫瘍)で死ぬというのは、こいつの人生を考えた場合、悪くない死に方だと思うんだ。
痙攣して泡を吹いているとき、こっちは辛いけど、本人はほとんど意識はないんだ。
痙攣以外にも、脳がおかしくなって死んでいくのはそりゃ本人もつらいだろうけど、肺炎で、腸閉塞で、苦しんで死んでいくことを考えたら、脳腫瘍って僕はいくぶん幸せな死に方なんだと思うんだ。だから、10回も20回も全身麻酔して怖い思いさせて脳腫瘍を叩きに行って、最後にほかの病気が彼女を襲うのを待つよりも、脳腫瘍で逝かせてあげたい。僕はそう思います。」


考えさせられました。
多くの人の命を見つめてきた人だからこそ、言えることなんだろうと思いました。
患者さんや私たちが「ぽっくり逝きたい」と言うと主人は必ず「そればかりは自分では決められないのでねー」と返します。優しい言い方ですが、そこには医師としてのつらい経験が詰まっているのだと感じてきました。


娘の場合、
脳腫瘍を無治療にしたからと言って、必ず脳のダメージが死因になるわけではなく、
ほかの病気で死んでいく可能性もあります。
しかしリスクを取って必死に脳腫瘍を小さくしたところで、それで症状が取れてハッピー!とはならず、そう遠くない将来、何か他の病気が彼女を苦しめることになる可能性が充分にある。
フレンチブルドッグの、(もうすぐ)16歳なのだから。


当然と言えば当然の話なのですが、これまで元気いっぱいだった娘を見てきたので、主人に言われるまで、私はそういう考えには至りませんでした。


しかし、主人の話を聞き、私なりに理解し、同意しました。


来週はじめ動物病院に伺い、治療方針を決定する約束をしています。
そのときに上記のような考えを伝え、対症療法を中心に相談していきたいと考えています。


昨年秋。15歳の誕生日ケーキを食べてるところ↓カメラを向けるとすまします。







ミサイルの恐怖

今朝は6時にスマホが大音量で鳴り、、、
画面を見てもなぜか何も出て来ず、テレビをつけたら画面いっぱいに文字が。
おおよそこんな内容でした。
「ミサイルが東北地方に向けて発射されました。北海道、青森、(以下東北中部北陸の各県が羅列)の方々は、地下や頑丈な建物に避難してください」
アナウンスも繰り返されました。


ついに日本本土にミサイルが発射されたんだ・・
戦争なんだ。
しかも、こんな広範囲への着弾警告ということは、一度に多数発射されたか、
もしくは日本の感知システムがいい加減なんだ・・。


先に起きていた主人が開けたカーテンを閉め、ガラス被害を少なくすることくらいしかできなかった。


地下って言われても
頑丈な建物って言われても
アラートされている各道県に、そんな公共スペースはほとんどないよ・・・。


身を固くして、10分程度。
ほかのところに落ちてくれ、と願ってしまう自分の本能に罪悪感を感じた。
一方で、落ちてきたら命は無いだろうけど娘がこういう状態だし悪いタイミングではないかも・・などと不健康な考えがよぎったころ、
「ミサイルが日本の上空を通過しました」
ほどなく
「北海道の上空を通過しました」
との報道に変わりました。


ホっとすると同時に
「ということは、ハワイか西海岸狙いなの?!」
と考えました。


アメリカがどう対抗してくるか、ドキドキしながら待機していると
「襟裳岬の東千キロ超えたあたりに落下」と報道。


対グアムと同じ飛距離を出したかったのですね。


その後の報道を見ても、「初めから捕捉していた」とか「強く抗議する」とか、
私たちから見るとのんきすぎる政府の姿勢。


数千万人の人が、この時間、身を固くして命を見つめたはず。


北朝鮮は、日本は、アメリカは、今後どうなっていくのでしょう。


まずは元気になってます

発作から1週間程度の間、2帖くらいのスペースにトイレとベッドを置いてフェンスで囲って娘の居場所にしました。


私もクリニックの仕事をしなければならないので、仕事をしつつ、1時間に数回はネットワークカメラで様子を確認していました(高齢になったので、半年以上前からネットワークカメラで無事を確認していました)。


MRI翌日のその時も、ふとネットワークカメラを見たところ・・・
フェンスぎわを徘徊していた娘が、フェンスが足りなくて置いていた”重い家具”を全力で押しのけ始めました。
まずい!これを突破されたらピアノと壁の隙間に迷い込んで出られなくなる(今の彼女の視力と能力では)・・・!


書類をそのまま放置し、受付事務の方々に「ちょっとやばいから帰る!」と言って慌てて車に乗りました。家まで15分。


家に到着し、玄関を開けると「ぎゃー、ぎゃー」との鳴き声。
見ると、案の定ピアノと壁の間の暗い隙間に入り込んで、身動きが取れず不安で泣き叫んでおりました・・。
こっちだこっちだ、と背中を引っ張っても、恐怖心から奥へ奥へ進んでしまう・・
スペースが狭いのと五十肩なので、なかなか引っ張りだせない。
足を引っ張るわけにもいかないし。
数分の格闘の後、なんとか救出し、抱きしめた時の嬉しそうなこと。


しかしそのあと床に降ろすとこんなかんじ
↓疲労困憊の図





疲れ果てましたねえ・・・


まあ、こんな感じでどんどん元気になっていき、発作から10日目の本日、見た目の元気度は、ほぼ以前通りとなりました。


その間に主人と話し合い、動物病院の先生のご意見もいただき、
今後の治療について、決意が固まってきたところです。